22
『賢い歯内療法』
-GPのためのらくらくエンドテクニック-
コース一覧へ戻る
分類 講演会 科目 歯内
日時 2020年2月9日(日) 10:00〜16:30
定員 160名
会場 東京医科歯科大学歯科棟南4階特別講堂(旧事務棟4階特別講堂)
講師
講師
東京都新宿区開業
澤田 則宏 先生
講師
東北大学歯学研究科歯科保存学分野
八幡 祥生 先生
会費 会費A
医師・歯科医師:事前受付¥21,000  当日受付¥24,000
医師・歯科医師以外:事前受付¥15,000 当日受付¥17,000
申込
方法
ホームページ申込み
振込用紙申込み
備考 ※受講前にアンケートを実施しますので日々の臨床での疑問をお寄せください 可能な限り講演の中でお答えします※

澤田 則宏

澤田 則宏 先生

八幡 祥生

八幡 祥生 先生

概要

 「エンドはよくわからない、あまり自信がない・・・」老若男女問わず多くの先生から聞かれる言葉です。マイクロスコープ、CBCTなどが導入されて来ましたが、マイクロスコープでも根尖部まで目視することは難しく、CBCTでは金属アーチファクトや解像度の問題があり、治療に威力を発揮できない場合も少なくありません。
  
 多くの先生が悩まれる根管拡大に焦点を絞り、専門医ならではの知識とマイクロスコープでの動画やCBCTによる画像によって、エンド専門医の視界を受講生の先生方に体感していただきます。

 サブタイトルの“らくらく”は簡単で楽になる意味ではなく、日頃のエンドの悩みから解放されるという意味です。
 明日からのエンド治療に際して、立体的な根管形態のイメージングはより正確な治療を可能にしてくれるはずです。
 MTAやNi-Tiファイルなど、手の届きやすいお勧めの最新材料・機器もご紹介いただきます。

 マイクロスコープやCBCTをお持ちでない先生、持っているけど活用しきれていないのでは?とお思いの先生、必ずや役立つ情報が得られるはずです。

解説

【講演項目】
1.診断できていますか?
・確定診断に至らないとき 歯内療法専門医はこう考える
・全顎的に透過像がいっぱい
―根管治療が必要な透過像 
―不要な透過像
・CBCTはいつ撮るのがベストか
・CBCTではわからない,デンタルエックス線写真の魅力
・「痛みが取れない」は何がいけないのか どう対応するか
2.MTA使っていますか?
・専門医が考えるMTA根充の適応症
・根尖孔とシャーピー線維
・私がいま一番お勧めのMTA
・根管封鎖性
―シーラーとしての使い方 根充材としての使い方
3.新たなエンドのコンセプトから
・Vital Pulp Therapy
・どこまで残せる この歯髄
・露髄面の直径2.5mmは抜髄なのか
・直接覆髄?部分断髄?断髄?それとも抜髄?
・残した歯髄本当に正常?石灰化したらどうするの
・外科的歯内療法の前に私が考えること
―外科的歯内療法をしてはいけない症例
―ここまでできる再根管治療
4.根管形成
・術者のフラストレーションを減らすために
・髄腔開拡の形態と根尖部のトランスポーテーション
・私が考える「アクセスキャビティー」の意義と目的
・根管形成の質を高めるために
・細いファイルでネゴシエーションする前に
5.湾曲根管の捉え方とネゴシエーション
・難しい湾曲、易しい湾曲
・根尖部オーバーインスツルメンテーションに対する私の考え方
・ネゴシエーションのためのプレカーブ
・潤滑材の量
・プレカーブ+ウォッチワインディングだけではNG
・#10を進めるためのクラウンダウン
6.ニッケルチタンの選択基準
・専門医はニッケルチタンを何のために使うのか? 
・シングルレングス シングルファイル
・クラウンダウン
・システムベース:シングルレングス シングルファイル
・根管形成ベース:クラウンダウン
・最近良く見る色付きのニッケルチタンファイル
 ―曲がりやすくて折れにくい
7.ニッケルチタンファイルの破折と向き合う
・なぜ折れる?どう折れる? 
―疲労破折とねじれ破折
・どのくらい折れる? 
・折らないために
8.私のおすすめ根管形成ツール
・トライオートZX2
・超音波チップ
・スーパーファイル
・HyFlex
・VortexBlue

申込