50
卒後に学ぶブラキシズム
-治療予後向上のための理論と実践-
コース一覧へ戻る
分類 実習コース 科目 ブラキシズム
日時 平成30年7月22日(日) 9:30〜17:00
定員 20名
講師
講師
昭和大学歯学部歯科補綴学講座
馬場 一美 教授
会費 ¥48,000
当日徴収実習関連費 ¥22,000
申込
方法
ホームページ申込み
ハガキ申込み
備考

馬場 一美

馬場 一美 教授

概要

●嗜好品や習癖,特定の疾患の中にブラキシズムのリスクファクターとなるものあります
●リスクファクターを理解し適切に対応することが治療のFist stepです
●スプリントのデザインが不適切だとその効果を最大限に引き出すことはできません
●エビデンスに基づいたスプリントデザインを学びインプラントや補綴治療の予後を向上したい先生におすすめです
●わかりやすいビデオやアニメーションを多用した講義と実践的な実習コースです

解説

【研修項目】
1.睡眠時ブラキシズムのメカニズム
・ブラキシズムの起こり方
・ブラキシズム発生時のバイオメカニクス
・ブラキシズムの誘因 / リスクファクター
2.医療面接から診断までの流れ
・聞き忘れてはいけないこと
・口腔内検査—ファセットの見方
・エビデンスに基づく合理的診断アルゴリズム
3.正しく機能するスプリントの作り方
・タッピングとクレンチングの咬合接触の違い
・ チッピング・インプラントロスト、歯根破折を防ぐ上顎フラットスプリントデザイン
・調整方法とメインテナンスの仕方

申込