44
ストップ・ザ・いびき
-補綴医が教える効果的なoral applianceの作り方-
コース一覧へ戻る
分類 実習コース 科目 全身管理
日時 平成30年6月24日(日) 9:30〜17:00
定員 20名
講師
講師
東京医科歯科大学歯学部附属病院快眠歯科(いびき・無呼吸)外来
秀島 雅之 先生
会費 歯科医師 ¥48,000
歯科技工士 ¥48,000
当日徴収実習関連費 ¥25,000
申込
方法
ホームページ申込み
ハガキ申込み
備考

秀島 雅之

秀島 雅之 先生

概要

●睡眠時無呼吸症候群(SAS)の医学的背景から最新の睡眠歯科医療まで一連の流れを解説します
●スプリント製作のための印象法、咬合採得、装置の設計、装着法、患者の咬合管理を、補綴学的な観点を踏まえて解説します
●最適な下顎誘導が行える器具の使用法をマスターできます(器具はお持帰りいただきます)
●製作したスプリントは患者説明用ツールとして、明日からの臨床に使えます

本学歯学部附属病院快眠外来では、医学部附属病院快眠センターから依頼のあったSAS患者への歯科的アプローチを行っています。
oral applianceは比較的容易に製作でき、医科でのCPAP(鼻マスクでのエアー流入)療法と同じく一定の治療効果が得られますが、患者の咬合誘導の管理には思わぬ落とし穴があります。
本コースでは補綴・解剖学および生理学的観点から専門医と歯科技工士が解説・実演します。さらにはSAS治療に必要な咬合誘導・記録用の器材を同時購入でき、明日からの臨床に役立てることができます。
親族や友人、もしくは先生ご自身のいびきや無呼吸に悩まれての受講も増えてきています。身近な症例から始める先生方も多くおられます。
睡眠歯科医療への第一歩として最適なコースです。

解説

【講義・実習】
1.SASの医学的背景
2.医科との連携と歯科での対応
3.SAS用スプリントの種類と設計(保険の上下一体型、私費の上下分離型)
4.スプリント製作のための印象法と咬合採得、下顎誘導(専用器具を用いて)
5.スプリント装着法と注意点
6.治療効果判定と術後管理

申込