29
卒後に学ぶインプラント 骨造成編
-若手インプラント専門医が教える理論と手技-
コース一覧へ戻る
分類 実習コース 科目 インプラント
日時 平成30年3月11日(日) 9:30〜17:00
定員 20名
講師
講師
神奈川歯科大学附属病院口腔インプラントセンター長
宗像 源博 先生
講師
昭和大学歯学部歯科補綴学講座兼任講師
横山 紗和子 先生
会費 ¥48,000
当日徴収実習関連費 ¥17,000
持ち物

※当日は、自院でお使いの外科器具をお持ちいただきます※

申込
方法
ホームページ申込み
ハガキ申込み
備考

宗像 源博

宗像 源博 先生

横山 紗和子

横山 紗和子 先生

概要

●レントゲンや口腔内を見た瞬間に骨造成を含めた治療のイメージが出来るようになります
●自信を持って骨補填材・メンブレンを扱えるようになります
●どのような症例にも応用が効く普遍的なインプラント術式を学べます

 この部位にインプラントが埋入できるのだろうか?抜歯をしたものの、自信を持ってインプラントの説明ができなかった経験はありませんか。
抜歯前からの治療ゴールの設定、抜歯後にインプラントを埋入する場合、どのような診査をして埋入計画を立て、どのような処置を加えることでインプラント埋入が成功するか。
明快な講義と実習で習得するコースです。

解説

【講 義】
1.抜歯する前に何を診るか
2.埋入時期をどう読むか
3.フィクスチャー埋入時に見落としてはいけない4つのポイント
4.骨造成同時埋入のメリットとデメリット
5.骨の狭窄、裂開がある場合
6.インプラントの神話と迷信

【実 習】
豚骨にて骨欠損形態を再現して実習を行います。
1.切開・剥離のポイント
2.狭窄した骨と抜歯窩残存症例に対するインプラント埋入
3.欠損部骨造成の基本-メンブレン、補填材、自家骨
4.減張切開と縫合の極意
5.初心者が知りたい便利器具

申込